補助金を使った耐震診断と工事

愛着のある家だからこそ安心していつまでも暮らしたい。
そんな思いをかなえるための大切な計画と工事。

現調は床下や天井も見れるところを確認します。場合によっては解体することも。

現調をして既存の耐震具合を提示します。

役所の申請が通ったら、工事を始めます。まずは解体。

耐震の計画書をもとに、必要なところに金物をつけていきます。柱と梁を結ぶ柱頭金物、筋交いの力を強くする筋交い金物を設置しました。

柱脚金物は柱と土台をつなぐ金物です。

開口部が広く弱い所には柱を入れました。

壁になるところには筋交いと金物を設置しました。

サッシを入れます。この後は仕上げのリフォームです。続きは内装リフォームのページで公開します。今しばらくお待ちください。

Scroll Up