既存のタイルを壊さずに新しいキッチンに入れ替えました

全体に古くなり、今度は手入れを考えたキッチン交換のご依頼でした。

タイルも、とてもきれいに使われていました。

当日の朝までに、中のものを出していただきました。まずは床などキズや汚れ防止に養生します。

タイルを壊さないように丁寧に解体をします。

配管を新しいキッチンに合わせて移動させます。

配管の周りの隙間は虫が入りやすいので、きちんとシールします。

石膏ボードでふさぎます。

秘境が必要なところはあらかじめ下地を入れ、その上に石膏ボードを張ります。

換気扇は四角いタイプから、風の影響を受けにくい丸い穴のシロッコファンに。新しいタイプの、あまりお手入れの要らない換気扇になります。

そとはこんな感じで、既存のフードの中にパイプフードを納めます。こうすると外壁の補修が必要ありません。

給水・給湯、ガス、電気、換気扇をつないで完成です。ついでに塞がれていた勝手口も使えるようにしました。

Scroll Up