リビングの暖炉スペース(埼玉県児玉郡上里町)

自宅のリビングスペースの一部をリノベーション。15年前に新築。将来、暖炉を入れられるように、プランを計画しました。
今回、念願の暖炉を入れることにしました。

既存:スペースに絵を飾っていました。下地にはALCパネル、床にもテラコッタタイルを用いて、耐火性はOK。

既存:準備して置いた煙突スペース。

壁には、新たに外装に使う二丁掛のレンガ調タイルを使用しました。

ペレットストーブにしました。薪ストーブより、ペレットストーブの方が取り扱いやすいのと、住宅地などの周辺環境に向いています。

空気の暖まり方が違います。やわらかい暖かさです。

ストーブの炎が癒されます。

煙突も無事、通すことが出来ました。

私は、テキストブロックです。このテキストを変更するには、[編集]ボタンをクリックします。ここからはテキストブロックの例文が並びます。テキストを入力する場合これらを消去して入力してください

Scroll Up