日本の七十二候:寒露 鴻雁来(がんきたる)

雁が北から渡ってくるころ。10月8日~12日ごろ。

その年初めて訪れる雁を、初雁(はつかり)といいます。

川越は雁と縁があるようで、川越城のことを初雁城とも言われていたとか。

川越譲跡地の周辺には、初雁公園、初雁中学校など、初雁という名をとった地名や施設が多く存在します。

色々な言い伝えがあるようで、もう少し勉強が必要ですね^^;

毎回、七十二候が変わるころ、門の札を替えるのですが、いつもギリギリに書いて、交換の繰り返しでしたが、書き溜めましたので、少し楽できそうです^^/

Scroll Up