現場付近散策 数寄屋橋公園

先日、日比谷の店舗リフォームにて、床のボンドの搬入があったので、朝から待っていたのですが、お昼頃になるとのことで^^;

数時間余った時間を、日比谷界隈の散策に使いました。

日比谷から銀座って近所なんですね。現場から5分で到着したのが、銀座5丁目の「数寄屋橋公園」という小さな公園。

もともと、「数寄屋橋」という橋が江戸時代につくられたのですが、首都高速建設によって取り壊されたそう。

たしかに数寄屋橋があった証となる石碑が公園の入口にありました。

待ち合わせにはちょうど良い公園って感じです。

石碑と反対側の公園の奥には、公園を見守っているかのようなオブジェが。

これは、、芸術が爆発していたので、岡本太郎さんかなと、調べたら「若い時計台」という岡本太郎さんの作品でした。

まさか、このタイミングで色々な発見があって、ボンドを待った甲斐がありました^^;

Scroll Up