年齢は関係ない あったら掴む階段手すり

階段を上り下りするときに不安になったので、手すりが欲しいとのご依頼です。

工事前の写真です。掴まれるところはなく、危険な思いもしていました。

階段手摺の部材はたくさんあります。無駄を出さないよう材料の拾い出し時に図面を書きます。

EPSON MFP image

まずは、工事中に床を傷つけないように、養生します。

手すりを取り付けるちょうどいい所に下地がなかったこともあり、ベースという下地部材を付けます。

ベースに手すりを取り付けていきます。

養生を外し、お掃除して完成です。

ここはリビングから中二階に続く階段です。利用頻度が一番多い場所です。

手すりは両側のあるのでなお安心。

ここは玄関に通ずる階段です。

雨や雪の日も安心して、上り下りができるようになりました。

Scroll Up