耐震工事 内部天井裏耐震補強(あきる野市)

当社は一般社団法人の耐震研究会に所属しており、今回はこちらからの依頼で、工事をさせていただきました。
耐震研究会は既存建物の耐震性の向上や技術者育成などを目的としております。

内部解体前です。解体しないところなどには養生(キズをつけないよう、埃をかぶらない様にカバーをすること)をします。

補強をするために天井も解体です。

補強金物と位置を確認してます。

L形や三角の金物は材料の接合部分を強くする金物です。

天井水平構面の補強です。台風や地震などの横揺れに強くなります。

南側の壁量が少ないため、開口部上部の垂れ壁で補強し、南面を強くします。

補強が終わったら、復旧です。天井下地を組みます。

断熱材を入れます。断熱効果はもちろん音も伝わりにくくなります。

石膏ボード、クロスを貼って仕上げます。

Scroll Up