無垢フローリング

日比谷の店舗リフォームでは、既存の床で無垢のフローリングを使われていて、今回フローリングを張る部屋も、無垢を希望とされており、既存に近いものをいくつかピックアップしました。

既存は、おそらく「カリン」。または「ケンパス」も近い。

色々、候補の床材は上がりましたが、最終的には「本カリン」と呼ばれるもの。↓に決定しました。

カリンは硬くて、高級感があり、木材の中でも木肌の美しい材料です。とても、綺麗な材料です。

他の候補に挙がったのが、「中南米カリン」。左が本カリンで、右が中南米カリン。少し赤みが減りますね。

チークも候補に挙がりましたが、最終的には本カリンに決定!

張りあがりがとても楽しみです^^

Scroll Up