日本の七十二候:清明 玄鳥至(つばめきたる)

「清明(せいめい)」とは、すべてのものが清らかで生き生きとするころのことだそうです。4月4日~8日ごろをさすこの季節は、つばめが南から海を渡ってやってくるころ。

家の軒下には旬の野鳥、つばめが好んで巣をつくりますよね。「その家には幸せが訪れる」という言い伝えがあって、軒下で工事をするとき、手をつけられないこと、たまにあります^^;

気温も上がってきて、晴れの日は穏やかで過ごしやすい季節ですね。桜が散ってきて葉桜が出てきました

Scroll Up