寄木細工

箱根の伝統工芸品として有名な寄木細工。

矢羽根や市松、麻の葉など日本の伝統模様を木で寄せた技法で、200年ほどの歴史がある。

箱根では寄木の体験もできるのだが、木をたくさん使う仕事だから、いつかは端材で本格的に作ってみたい。

寄木職人 憧れるなぁ・・・

Scroll Up